石垣島と言えば、ダイビング目的で訪れる人も多いでしょう。
昼間にダイビングを楽しんで、夜は明日に備えてしっかりと休息する。
そんな人も多いかもしれませんが、石垣島だからこそ夜だって楽しむ事が出来るです。
石垣島で人気のナイトスポットについて紹介します。

石垣島に来たのなら南十字星が見たい

南十字星は日本では見れないと思っている人が多いかもしれません。
確かに南十字星は北半球では見えない星なので、日本のほとんどの地域では見る事は出来ません。
ですが石垣島は、南十字星が地平線ギリギリで見る事が出来るのです。
1年中見れる訳ではなく、12月下旬から6月下旬まで見る事が可能です。

ダイビングに関しては1年を通じて楽しむ事が出来るので、ダイビングも南十字星も両方を楽しむ事も可能です。
ただし、南十字星が見れる時刻は毎日4分早くなるので、訪れる時期によって大きく異なります。
そのため見える時刻、見える場所を詳しく知りたいという人にオススメなのが、石垣島天文台です。
星空の情報をいろいろと教えてもらえ、天体観望会なども行っています。

石垣島では蛍が見える

そして石垣島で凄いのは、南十字星だけでなありません。
なんと蛍が見る事が出来ます。
蛍と言えば、5〜6月の短い期間しか生息しないというイメージがあるかもしれません。
ですが石垣島は温暖な気候と豊かな自然により、たくさんの種類の蛍が生息しています。
蛍の種類により生息期間がズレるため、石垣島ではほぼ1年を通じて蛍を鑑賞する事が可能なのです。

自然の蛍を1年を通じて見る事が出来る場所なんて、石垣島を除いて他にはないと言えるでしょう。
では蛍の鑑賞スポットを紹介します。
「バンナ公園」やバンナ公園の西に位置する「前勢岳」から石垣島展望台へ続く山道に蛍鑑賞スポットがあります。
そのため星も蛍もどちらも楽しむ事が可能です。

関連する記事